メニュー

ご出産時の入院費用の例

・ご出産時の費用の例について

  ご妊娠8か月頃までに出産予約金を10万円お支払いいただきます。分娩出産育児一時金の直接支払いをご利用の場合はご退院時にはその差額をおしはらいいただきます。

 

正常分娩一般個室(6日間の場合)で分娩出産育児一時金の直接支払いをご利用の場合の例

  入院費総額(56万円~)-分娩出産育児一時金(42万円)-予約金(10万円)=退院時のお支払い(4万円~) ※おおよその料金となります。

   入院費明細

    入院基本料(1日)17000円×6日

    分娩料     308000円

    新生児入院料(1日)11500円×6日

    検査薬材料   30080円~

    処置手当料   33000円

    その他(胎盤処理料など)    19800円~

 

 正常分娩特別室B(6日間の場合)で分娩出産育児一時金の直接支払いをご利用の場合の例

  入院費総額が【56万円~+特別室B(1日)6050円×6=36300円=約60万円~】-分娩出産育児一時金(42万円)-予約金(10万円)=退院時のお支払い(8万円~)

 

 帝王切開術でのご出産で一般個室(10日間)で分娩出産育児一時金の直接支払いをご利用の場合の例

  帝王切開術の場合は入院費総額が約69万円~となります。分娩出産育児一時金42万円と予約金10万円の差額を退院時にお支払いとなります。(約17万円~)

 

※入院の日数やお時間帯、検査薬剤の内容、特別室のご利用、無痛分娩などの有無により実際のお支払金額は個別に異なります。

  • 無痛分娩は、90000円追加となり入院期間も前日入院のため1日以上長くなります。
  • 出産育児一時金直接払い制度をご利用いただけます。ご加入の健康保険証の確認書類が必要です。(退院時は分娩出産育児一時金42万円と内金をマイナスした金額を精算)
  • 御予約の際に入院予約金(10万円~)をお預かり致します。御退院の際に精算致します。なお、分娩予約は15週までに提出いただき、その後、予約金を30週までにお願いしております。早目の御予約をお願い申し上げます。
  • 帝王切開・切迫流産・早産・重症妊娠悪阻などの入院は保険適応があり、処置や手術前後の状況・日数等により入院費は異なりますので直接事務までお問い合わせください。
  • 他にわからないことがございましたら、お気軽に受付までお尋ねください。
  • 新生児聴力検査 6900円(助成券使用時3900円)は全員検査しております。

     

 入院期間

・正常分娩 の場合 5泊6日(分娩するまでに日数がかかる方は延長になります。6日間~)

・帝王切開 の場合  9泊10日(10日間~)

・無痛分娩 の場合 6泊7日(分娩までに日数がかかる方は延長になります。)

入院費加算

・時間外加算   15000円

・休日加算    15000円

・深夜加算    20000円

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME