メニュー

婦人科

月経不順、月経困難、不正出血など、生理にまつわる症状がある方の中には、子宮筋腫や卵巣のう腫、子宮内膜症・子宮腺筋症・頚管ポリープ・チョコレート嚢腫などが潜んでいる場合があります。
内診・外診・経腟超音波検査などにより、診断可能となります。

下記の症状でお困りの方は当院にご相談ください。

  • 生理が来ない
  • 生理に不正出血のようなものがみられる
  • おりものに異常がみられる

・月経不順の方は排卵の状態・卵巣の状態をチェックいたします。

・月経困難症

 現代の女性は、働きながら月経困難症に苦しむ方が多くおられます。
 市販の鎮痛薬を使用するのみで、診察をされていない場合、子宮内膜症チョコレートのう種などの病気が潜 んでいることがあります。
 また、最新の治療薬などもありますので、一度診察を受けることをお勧めいたします。          ①鎮痛剤②漢方薬③ホルモン治療薬 など     

・不正出血 この症状がみられる場合は子宮がん検査(細胞診)を出血のない時にすることをお勧めします。

・膣炎  

 おりものやかゆみの症状がみられることが多いです。検査により治療薬を選択いたします。

・下腹痛       

 診察により器質的疾患がないか、炎症がないか確認いたします。 

・避妊法の相談  

   ①低用量ピル 定期的に内服しますと高い避妊効果が得られます。初回に診察で病気がないかチェックいたします。月経痛が軽くなったりPMSなど月経前後の症状が軽減されることがあります。喫煙者は血栓症のリスクが高くなりますので、禁煙後の内服といたします。

             ② IUD       子宮の中に入れる器具となります。入れるだけで高い避妊効果が得られます。子宮筋腫などある場合、適さない場合があります。2年位で定期的に交換いたします。

    

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME