メニュー

不織布マスクの着用のお願い・掛物(タオル)の廃止

飛沫防止効果は布マスクやウレタンマスクに比べ、不織布マスク(サージカルマスクなど)がより高い効果があることは分かってきました。外来、入院ともに不織布マスクの着用をお願いいたします。令和2年7月20日より感染予防のため、診察時・内診時の掛物(タオル)を廃止いたします。必要な方はご持参ください。10か月の方は検査もございますので、お持ちいただくことをおすすめいたします。

 

 

宜しくお願い致します。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME