メニュー

HPVワクチン(子宮頸がん予防ワクチン)(小学6年~高1生都内・無料クーポン)(成人女性)ガーダシル・シルガード9

 

ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチン(子宮頸がん予防ワクチン)を行っております.子宮頸がん予防ワクチンはガーダシル(4価)ワクチンを使用していますが、令和3年3月からシルガード9(9価)が承認され使用できるようになりました。

ヒトパピローマウイルスは子宮頸がん原因になるとはっきり判明しているウイルスです。子宮がんは女性特有のがんで第2位。1年間に1万人がり患し、2800人が死亡しております。HPVは性交渉により感染するため、初回性交年齢が低くなるに伴い20~30代の若年女性の子宮がんも増加傾向にあります。子宮頸がんの他にも、外陰がん、尖圭コンジローマ、咽頭喉頭がん、肛門がん、陰茎がんなどの原因になると言われています。9歳以上の人に認可されているワクチンです。初回性交前にするのが推奨されており、小学6年生から高校1年生までの女性は公費のクーポン券で無料で接種可能です(ガーダシル4価のみ)。このワクチンは計3回接種が必要です。ガーダシルは平成18年に米国、豪州などで認可され、先進国では接種率が70%以上の状況になっておりG20の国では日本のみが接種率が低く、今後の子宮がん罹患率に影響すると言われており問題になっております。

また尖圭コンジローマは感染していぼが大きくなると薬での治療が難しい厄介な病気で、妊娠中にかかると赤ちゃんにも影響します。若い世代のエチケットとしてHPVワクチンを接種することが求められてきます。

※HPVは多数のタイプがあります。どのタイプに効果があるかでワクチンに種類があります。

予約注文制となっておりますので、一度来院しご相談ください。

中1~高1生の保護者へのパンフレット

子宮頸がん予防サイト。

子宮頸がんとHPVワクチンについてはこちらもご参照ください。

詳しいパンフレット

 

※ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチン(子宮頸癌予防ワクチン)計3回接種が必要です。1回目接種の後、2か月後と6か月後に接種する予定です。

A.ガーダシル(4価ワクチンHPV6.11.16.18型)

※初回は手続き・問診・説明のみで初回接種は2回目来院時になります。

成人女性・ガーダシル4価 1回17182円+消費税1718(計18900円)、計3回必要、(初回、1~2か月後、6か月後)、その他自費診察料(初診3180円・再診1450円)がかかります。

小学6年生~高校1年生相当の女性(葛飾区、都内在住者、無料クーポン)はガーダシル4価を公費で受けることができます。 計3回

  • 高校1年生までに、葛飾区保健所:03-3602-1268、居住地区の保健センターへお申し込みください。
  • 高校2年生相当以上の年齢の方は公費無料での接種は出来なくなりますので、中学生、高校1年生の方、ご父母の方は熟慮ください。(今年度はコロナ特例などある場合もありますので、保健センターにお問い合わせください。)
  • 詳しくはお問合せください。
  • 厚生労働省のHPVワクチンのページをご参照ください。
  • ※今年度から高1生にHPVワクチン接種の権利があるというお知らせが届くようになりました。お早めにお問い合わせください。      ★厚生労働省ホームページ ヒトパピローマウイルス感染症(HPVワクチン)へ

B.シルガード9(9価ワクチンHPV6.11.16.18.31.33.45.52.58型)

 ・接種対象者は9歳以上の女性。妊娠していない方。

 ・接種する方は(未成年の場合は保護者でも可能)厚生労働省の規定によりシルガード9サポートシステム「ワクチンQダイアリー」にご登録することが必須となります。スマートホンをご持参の上、ご登録をお願い致します。

 ※予約注文制(副院長外来のみ、月木金曜の15時半まで)です。初回は手続き・問診・説明のみで初回接種は2回目来院時になります。(予約時前払い)

 ・接種は計3回必要です。(初回接種後、2か月後、6か月後に接種します。)1回27500円+消費税2750(30250円)。その他自費診察料(初診3180円、再診1450円)がかかります。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME